エイプリルフールについてのブログです

エイプリルフールの本当の意味について

エイプリルフールの本当の意味について

エイプリルフールの本当の意味について

エイプリルフールの始まりとは

1年に1度だけウソをついてもいい日がエイプリルフールです。

今では日本でも多くの人々に浸透し、1年のイベントの一つとして認知されています。

当日は様々な企業もホームページにジョークサイトを作成するなど、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

では、このエイプリルフールの始まりは一体何なのでしょうか?実はいくつか起源説があるのですが、いくつか紹介したいと思います。

まず、最も有名なのは横暴な国王に反対するため、というものがあります。

16世紀のヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを催していましたが、1564年にフランス皇帝シャルル9世が1月1日を新年としました。

これに多くの民衆が反発をし4月1日をウソの新年として大騒ぎをしたそうです。

それに激怒したシャルル9世は民衆を弾圧しましたが、このことに対する抗議と事件を忘れないために4月1日をウソの新年として盛大に祝い、それが起源となった説です。

また、もう一つはなんとインドに関係します。

インドの修業僧は春分の日から厳しい修業を開始し、4月1日に修業が終わります。

しかし、修業が終わってしまえば元の悩み多き生活に戻るわけで、すぐに迷いが生じます。

そのため4月1日を揶揄節と呼び、人々をからかう習慣になったといわれています。

他にも多くのエイプリルフールの始まりといわれる説があるのですが、どれが本当かははっきりしていません。

そのようなところも、実にエイプリルフールらしいと言えます。

エイプリルフールの始まりがいつであるかについて