エイプリルフールについてのブログです

エイプリルフールの本当の意味について

エイプリルフールの本当の意味について

エイプリルフールの本当の意味について

エイプリルフールの本当の意味について

4月1日がエイプリルフールということは、ほとんどの方が知っているのですが、本当の意味を知っている方は、少ないのが現状です。

多くの人は、その日1日は人をだましたり、ウソをついても許されると思っているのですが、実は、4月1日には、1日中ウソをついてもいいというわけではありません。

本当は、1日のうちの午前中であれば、罪のない人に対してだけ、ウソをついても許されるという風習を指しています。

英語の「April fool」を直訳すると、「四月バカ」という意味になります。

英語で4月1日のことを表記する際に、「April fool」という書き方は間違いであり、正しくは「April fool's day」となります。

福岡のモトクルがホームページ作成いたします
http://www.motocle.com/
売り上げアップはWEB戦略が基本です

そもそもエイプリルフールの習慣が、日本に入ってきたのは大正時代であり、それ以前の日本では、江戸時代から4月1日を「不義理の日」としていました。

普段、義理を欠いている人に対して、手紙を出したりして挨拶をする習わしの日でした。

エイプリルフールの誕生の由来については、諸説あるのですが、もっとも有力な説について、ご紹介します。

昔のフランスでは、3月25日に新年を迎え、4月1日まで新年のお祭りをしていたそうです。

16世紀になると国王シャルル9世が、1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用します。

それに反発した多くの国民が、4月1日を「ウソの新年」として、バカ騒ぎをしたのが由来とされています。

お得で簡単使いやすいGPSレンタルはICHIDOCO
http://ichidoco.com/
長期間レンタルなら1日あたり316円!

エイプリルフールには、実は決まりが存在します。

まず、他人を貶めるような、他人を不幸にしてしまうようなウソは厳禁となります。

悪意のあるウソはNGであり、後で笑い合えるようなユーモアのあるウソがルールとなります。

また、前述しましたように、ウソをついていいのは本当は午前中だけであり、午後にウソをついた相手にネタばらしをするというのが決まりとなります。

価格.comで包丁を素材別で徹底比較
http://kakaku.com/cookware/ss_0030_0002/0002/
最適な包丁の選び方わかります

ちなみに、4月1日についたウソの内容は、その年には真実にならないというジンクスがあります。

例えば、宝くじが当たったなどとウソをつくと、当選するのは次の年以降の話となりますので、ウソをつく内容には注意しましょう。

欧米では、新聞にウソの特別な記事が掲載されたり、テレビで大々的にウソのニュースが流されたりと、4月1日を国全体で楽しんでいる光景を目にします。

日本でも最近、インターネット上や各企業のホームページ上で、4月1日におもしろいネタを提供し、参加する企業が増加傾向にあります。